指数金飩

ライバルのJRの電車の中で予想したのがいけなかったのか、本日の懺悔を…

京都「京阪杯
1着 指数4位(7番人気)
2着 「買い被り」(指数8位タイ8.0p:登録名アイラブリリ)
3着 「不義の縁では」(指数13位6.5p:登録名スギノエンデバー)
指数1位(1番人気) 外枠が響いたのか、最後はよく追い込んでの4着。しかし、3着との差は、決定的な1馬身と2分の1。今の馬場は、後ろからでは…

これはいけません…

さあ、気を取り直して、明日のGⅠ「ジャパンカップ」、全頭の指数を買目とともに公開です。どんッ!
japancup13.gif

そして、GⅠ限定「指数の欲」、今回は「東京大好きクンたち」です。人気の3頭が崩れるとなると、割って入るとすれば、コース適性のある馬たちではないでしょうか。東京実績を見比べて、重賞実績のない馬と、調子を落とした牝馬を除くと、女王の相手は、この6頭。上位3頭で決まった場合も考えて、上位3頭ボックスも加えた21点で勝負です。

結果やいかに…

さて、約束どおり当たり馬券の画像がなかったので、お土産画像の続きを。名古屋から長野行の特急列車に乗って小一時間。着いたのは、岐阜県のある町。

無事仕事を終え、お世話になった地元の方に「一緒の列車を降りた人が、ここに来たら、栗きんとんを買ってかないとダメだぞと仲間に言っていたんですが、栗きんとんが有名なんですか」と聞いてみたところ、「そうです。このあたりに江戸時代から続く伝統の食べ物なんです。」との答え。

そして隣の同僚と、
「そういえば、お前はもう今年食べた?」
「私はもういただきましたよ。」
「そうか。俺はまだだな。」
という会話。

さすがに有名なところでは、お正月だけ食べるものではないんだなと、妙に納得し、帰りの列車を待つ間、駅前の物産館に寄り、栗きんとんを探すことにしました。そして、そこにあったのは、おせちとは似ても似つかぬこれ。
kurikinton.jpg

この地でいう栗きんとんは、茶席で出すような和菓子。栗と砂糖しか使わないため、9月から3月までしか販売しないそうですが、季節になると、地元の方にも愛される伝統のお菓子。とても素朴で、一度食べてみる価値のあるお菓子でした。

それでは皆さん、「名ばかりになりつつあるJCも、Have a nice UMA!」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃーご

Author:にゃーご
愛馬(1/500)の「マスカレードシチー号」です。

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
2043位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
934位
アクセスランキングを見る>>

愛馬の成績

アクセスカウンター