指数日本

本日の懺悔を…

京都「京阪杯
1着 「無くさんもん」(指数12位7.0p:登録名ハクサンムーン)
2着 指数6位(1番人気)
3着 「すぐに次と」(指数7位タイ9.5p:登録名シュプリームギフト)
指数1位(3番人気) 「逃げ馬の藤田は勝っとけ」の格言(byにゃーご指数)どおり、最後まで粘りを見せましたが、結果は4着。道中前にいた優勝馬が逃げ切っているので、力負けでしょうか…

これではいけません…

さあ、落ち込んでいる暇はありません。明日は注目の一線と言うことで、GⅠ「ジャパンカップ」の『にゃーご指数』、買い目とともに、全頭公開です。
どんっ!
japancup12.gif

そしてGⅠ限定「指数の喝!」、今日は「ジャパンカップに喝!」です。
「世界に通用する馬づくり」の理念を掲げて始まったこのレース、近年はどうなんでしょうか。あまり盛り上がっていない気がするどころか、日本本来の伝統ある秋天が、賞金が低いがゆえに叩き台にされるふしさえ見られ始めては、何をかいわんやです。

最近は、凱旋門賞馬は、ちょこちょこ来てはくれるものの、芝の質の違いなんかもあるそうで、全部まとめてご招待ではなかったら、本当はどうなんでしょうか。こっちから行くときみたいに、自腹でもわざわざ出たい、勝ちたいレースとなっていないばかりか、札束をちらつかせて呼んでいるような気がします。

やっぱりドバイワールドカップ、凱旋門賞、ブリーダーズカップなど、世界に名の知れたレースは、盛り上がり方がぜんぜん違います。過去5年間の馬券に絡んだ馬がすべて日本馬と、当初の目的をある程度達成しつつある今、新たなステージに進むべきではないでしょうか。

例えば、一日にスプリント、マイル、ダートと合わせて4つのGⅠを国際招待でやるとか、なおかつ東京、中山、阪神、京都の持ち回りで、各場4年に1回と言うようなやりかたをするとかいうのも、競馬ファンも盛り上がって増えると思うんですけど。

ということで、何のためのレースなのかよくわからなくなっている「ジャパンカップに喝!」です。

それでは皆さん、「明日もHave a nice UMA!」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃーご

Author:にゃーご
愛馬(1/500)の「マスカレードシチー号」です。

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1960位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
814位
アクセスランキングを見る>>

愛馬の成績

アクセスカウンター