指数如実

久しぶりの『にゃーご指数』木端微塵をくらい…、本日の懺悔を…

「阪神カップ」
1着 「歯向かうの」(指数14位7.0p:登録名サンカルロ)
2着 「蔵売り申す」(指数12位タイ7.5p:登録名グランプリボス)
3着 「蔵が建った」(指数7位タイ9.5p:登録名フラガラッハ)
指数1位(10番人気) 最後の直線内側で、出るに出られずドン詰まりの9着。自分で走ったことがあるわけじゃないけど、阪神12、14の典型的負けパターンのような気が。石橋クン、もっとがんばりましょう(今年何回目だ?)。でも、人気より上の着順。立派じゃないか…

これではいけません…

さあ、とっとと忘れます。明日は明日の風が吹く。Like a Rolling Stoneということで、明日の重賞『にゃーご指数』の公開です。

まずは小倉「愛知杯」
第1位 エスピナアスール 15.5p
第2位 アスカトップレディ、ワルキューレ 12.0p
第4位 バウンシーチューン、レーヴディソール 11.0p
第6位 フミノイマージン 10.5p

以上です。

「でも、やっぱり軸はレーヴちょわ~ん!」

続いてはG1「朝日杯FS」
第1位 レオアクティブ 11.5p
第2位 サドンストーム、ダローネガ 9.5p
第4位 ローレルブレット 9.0p
第5位 マイネルロブスト 8.0p
第6位 アルフレード、ショウナンラムジ 7.5p

以上です。

そしてG1限定「指数の影」。今日の1頭は「クラレント(指数8位タイ7.0p)」です。
土曜売りの東スポには、いつも午前10時現在の前売りオッズが載っているのですが、このオッズでの「指数の影」は、単勝3.3倍の一番人気(前日最終オッズは、5.5倍の2番人気)。

そして、ここは大人の世界というのか、なんというのか、最終オッズよりもこっちのオッズのほうが結果を如実に表すことがままあることも事実なので、他にも注目してみると、2-7の馬連は37.8倍なのに、7→2の馬単が13.0倍などに気づきます。

この根拠が予想なのか情報なのかわかりませんが、鞍上の小牧はんは、全国の若干名の読者の皆さまならご存知のとおり、『にゃーご指数』とはもっとも相性の悪い騎手(2番目は藤岡佑君か?)。今まで数々の辛酸をなめさせられてきた相手に乗っかるわけにはいきません。

ということで、来たらダメよ…(あっ、相性が悪いということは、買わないと来てしまうということか…)

それでは皆さん、「2歳チャンプ決定戦もHave a nice UMA!」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

にゃーご

Author:にゃーご
愛馬(1/500)の「マスカレードシチー号」です。

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1637位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
721位
アクセスランキングを見る>>

愛馬の成績

アクセスカウンター